スマホで出来る身近な副業の中に懸賞に応募して、検証を得ると言う物があります。これは例えば、フルーツメールであれば懸賞に応募すれば現金がもらえたり、曜日ごとに懸賞に当たれば曜日に応じた商品がプレゼントされると言う物があります。特にフルーツメールにおいては操業が19年以上という老舗の検証を扱うポイントサイトの側面がある為、スマホ対応したことも大きく幸いし、未だ勢力を拡大しています。

では、何故こうした懸賞金を応募して何かしら報酬を得ることが出来るサイトが未だ人気があるのかですが、懸賞を送るというのは空いている時間があれば可能で、ネットの場合、簡単に個人情報を送付することが出来るが故、旧来のはがきに個人情報を記載して郵送する物と比較すると簡単に応募できるが故人気が未だ衰えないのです。

しかも、提供する懸賞サービスのアプリによっては現金を貰うことが出来る物や商品券などのギフト券の他、後々現金に換えることが出来る物を検証としてプレゼントするアプリもある為2020年、2021年ともに人気があるのです。手軽であるが故、ある程度年齢という条件こそありますが、それをクリアすればだれでも応募できるが故副業として簡潔に空いた時間で報酬を貰える見込みがあるが故応募する人が多いというのが2000年代の現状であると思われます。

というのも、懸賞自体は実は2000年になる以前からあり、当時は懸賞を送るための雑誌を購入することでプレゼントを貰うという手法でしたが、現在ではこの手法では、雑誌の広告とプレゼントの商品の折り合いが付きにくくなり、ネットが舞台となったわけです。

さて、ここからは、懸賞アプリのコンテンツについてですが、懸賞アプリは主に応募に関して無料で応募をすることが出来る物と有料と分けています。有料の物は以前の雑誌の延長線上のサービスであると感じてもらえばわかりやすく、利用者も無料版と比べると少ないが故、当選確率が高く現金などを貰えることもあります。一方で無料版はと言うと、無料であるが故競争率が高く、広告などの閲覧者が多い分、企業側もどういったものがプレゼントとして喜ばれるかを把握することで検証として商品を打ち出しているため、企業が懸賞アプリに投資をする必要性が無いと踏むと途端にプレゼント商品のグレードが下がるという問題もあります。

いずれにしろ、無料であろうと有料であろうと懸賞に当選しない限りプレゼントである報酬を貰えませんので、この副業についてはある意味運の要素も大きいです。